HDMI 2.1 / 2.0 / 1.4 の違いとは!?初心者向けに解説

HDMIケーブルとは

 『HDMI』とは、High-Definition Multimedia Interfaceの略で、デジタルデバイス同士をつなぐケーブルのことです。

テレビ、Blu-rayレコーダー、ゲーム機、パソコン、ビデオカメラなど、さまざまなデバイス同士をつなぎ、映像と音声を伝送します。

データーをほとんど劣化させず、美しく高品位な映像と音声を出力可能。また、映像と音声をケーブル1本で転送できるので配線周りがすっきりします。

数字で異なるHDMIの性能

バージョン1.42.02.1
帯域幅10.2Gbps18 Gbps48 Gbps
解像度
リフレッシュレート
4K 静的HDR/30Hz
フルHD 静的HDR/144Hz
4K 静的HDR/60Hz
フルHD 静的HDR/240Hz
8K/60Hz(圧縮)
8K 動的HDR/30Hz
4K/240Hz(圧縮)
4K 動的HDR/144Hz
フルHD 動的HDR/240Hz以上
VRR××
(任意機能)
ARCARC
(任意機能)
ARC
(任意機能)
eARC
(任意機能)
DSC××
(任意機能)
対応する
HDMI
ケーブル認証
ハイスピードプレミアムハイスピードウルトラハイスピード

※HDMI1.4はHDR非対応と考えられていますが、HDR出力はより広い帯域幅を必要とするだけなので制限されていない限りHDMI1.4でもHDR出力可能です。

※任意機能は、対応している製品と対応していない製品とあるので購入前の確認必須です。

解像度とは

 解像度とは映像のきめ細やかさのこと。映像は上のイラストのように小さな四角が寄り集まってできていますが、フルHD・4K・8Kと解像度が変わると一つ一つの四角の大きさ大きさが変わってきます。

フルHDよりも4K、4Kよりも8Kがきめ細やかということ。きめ細やかだと、大画面テレビに引き伸ばして表示しても画質の荒さが目に付きません。

きめ細やかなまま。そのためフルHDよりも4K、4Kよりも8Kの方が画面を大きくできます。

小さな部屋でも、自分だけの映画館のような大画面で楽しめるようになるのです。

解像度はテレビ・モニターの高画質を決める要素の一つ。さらに詳しく知りたい方は以下のページにてご確認ください。

リフレッシュレートとは

 動画1秒間に何枚の静止画で構成できるのかを表している数値です。60Hzなら1秒間に60枚、144Hzなら1秒間144枚、240Hzなら1秒間240枚のパラパラ漫画の様に仕上がります。枚数が多いほどに滑らか。

しかし解像度が高くなるほどに静止画1枚1枚のデータが重くなりますので、伝送できる枚数・リフレッシュレートが低下します。

例えばHDMI 1.4の場合、フルHDのデータであれば1秒間に最大144枚ものデータを伝送できますが、4Kもの重いデータとなると1秒間に30枚しか伝送できなくなります。

リフレッシュレートはテレビ・モニターの高画質を決める要素の一つ。さらに詳しく知りたい方は以下のページにてご確認ください。

静的HDRと動的HDRの違いとは

 HDMI 2.0は静的HDR。映画タイトルなら映画タイトル全体に、ゲームタイトルならゲームタイトル全体に、均一な輝度(最大の明るさ)、コントラスト比、色域で表示していました。

輝度、コントラスト比、色域が動かないので静的です。

一方HDMI 2.1はその逆、動的HDRでは映画のワンシーン、ゲームのワンシーン一つひとつ輝度、コントラスト比、色域を最適化できます。

そのため今まで不可能だった、暗いシーンと明るいシーン等の異なる場面での表現力に差をつけられるようになりました。

可変リフレッシュレート(VRR)とは

スタッタリング

 人が観覧車に乗って、頂点に達したゴンドラのみテレビの画面に映し出されるところを想像してみてください。

ゴンドラは完全なる透明。ゴンドラには1人しか乗ることができず、頂点に達するゴンドラは0.0167秒ごと切り替わるとします。

すると観覧車に並ぶ人々は、1秒間に60人遅れることなくテンポよく乗らなければなりません。

独りでも乗り遅れたら上のイラストのように一瞬の空白ができてしまいます。ゴンドラの回転が人のペースに合わせてくれないからです。

ゴンドラに乗る人は、小さなお子様や高齢者だっているかもしれません。人それぞれペースが異なるので、一人一人のペースに合わせて回転する速度を調整してくれるゴンドラでないと間が空いてしまうことがあるのです。

 映像も一緒。Blu-rayやパソコン、ゲーム機がつくった映像の1枚1枚が人。テレビやモニターがゴンドラです。

映像をつくる時間は均一ではなく、つくるのが大変でいつもより時間がかかってしまう場合があるので、0.0167秒ごとに出発されてしまうと、ちょっとの遅れであっても空白時間が0.0167秒開いてしまうのです。

次のゴンドラがくるまで、0.0167秒待たなければならないのです。

 一方可変リフレッシュレート(VRR)の場合、映像をつくりだすために0.0168秒かかってしまっても、ゴンドラはしっかり0.0001秒待ってくれます。

同じスピードで回り続けるはずのゴンドラが、一人一人のペースに合わせて回転を速さを合わせてくれるのです。

映像をつくりだすスピードに合わせてくれるHDMI 2.1なら大きな空白とは無縁。一瞬画面が止まったように感じることが大きく減少します。

ARCとeARCの違い

ARC・eARC非対応ARCeARC
正式名称Audio Return ChannelEnhanced Audio Return Channel
HDMI
バージョン
オプション機能なので
Ver1.4以降でも非対応製品あり
1.4
2.0
2.1
音声の伝送方向テレビのHDMIは入力のみ
(一方通行)
入出力できる
(双方向)
入出力できる
(双方向)
テレビ経由の音声伝送不可圧縮音源の多チャンネル
・Dolby Digital
・DTS Digital
リニアPCM 2ch
圧縮音源の多チャンネル
・Dolby Digital
・DTS Digital
リニアPCM 2ch
HDオーディオ
非圧縮音源の多チャンネル
・Dolby Atmos®
・Dolby TrueHD
・DTS:X™
・DTS-HD
リニアPCM 5.1ch / 7.1ch
ARC非対応

 上のイラストはPS4とサウンドバー、そしてテレビの接続方法です。テレビにはBlu-rayも接続してあります。

PS4はDolby Digital 5.1chサラウンドサウンドに対応、そしてBlu-rayはDolby Atmosに対応しているとします。

ARC非対応の場合

 テレビとサウンドバーの間は2本・2種類のケーブルが接続されています。HDMI端子およびHDMIケーブルは一方通行だからです。

PS4のゲーム音はHDMIケーブルを通て、サウンドバーから音が鳴ります。映像はサウンドバーを素通りしてテレビの画面に表示。

テレビに搭載されているHDMI端子は基本的に入力のみの一方通行。出力はできません。PS4の映像だけHDMIケーブルを通て受け入れています。

そのため光デジタルケーブルをつながなければ、テレビの音とBlu-rayの音をサウンドバーに出力することができないのです。

Blu-rayのDolby Atmosは機能しない

 光デジタルケーブルは圧縮された多チャンネル音源でなければ伝送することができません。

Dolby Atmosは圧縮されていないといってもよいほどに音質優れた音源です。データ量が大きいので、光デジタルケーブルでは伝送できません。

そのためイラストの場合、PS4とBlu-rayは場所を交換した方が無駄なく使えます。

PS4はDolby Digitalなので光デジタルケーブルでも伝送可能。Blu-rayはHDMIケーブルでなければDolby Atmosを伝送できません。

ARC対応の場合

ARC対応

 ARC対応の場合、テレビとサウンドバーの間のケーブルがHDMIケーブル1本でOKになります。

テレビとサウンドバーのHDMI端子およびHDMIケーブルの3か所すべてARC対応の場合は双方向が実現するのです。

PS4のゲーム音がHDMIケーブルを通てサウンドバーから音が鳴ります。映像はサウンドバーを素通りしてテレビの画面に表示。ここまでは同じ。

テレビの音とBlu-rayの音は、PS4のゲーム映像も流れるHDMIケーブルを逆流、サウンドバーに届けられます。

出力しかできなかったはずですが、ARC対応だと入出力可能になるのです。ですからHDMIケーブル1本で済むのです。

ですがARCはまだ完全ではありません。入出力可能にする代わりに、HDMIにもかかわらず非圧縮音源の多チャンネルを伝送できなくなってしまうのです。

Blu-rayのDolby Atmosは機能しない

 入出力可能にするARC機能ですが、ARCに対応させると光デジタルケーブル同様、圧縮された多チャンネル音源でなければ伝送することができません。

なのでDolby AtmosをARC対応HDMIケーブルで伝送することができません。

そのためARC非対応の場合同様に、PS4とBlu-rayは場所を交換した方が無駄なく使えます。

PS4はDolby DigitalなのでARC対応HDMIケーブルでも伝送可能。Blu-rayはARC非対応HDMIでなければDolby Atmosを伝送できません。

eARC対応のHDMI 2.1ならDolby Atmosも利用可能

 eARC対応の接続方法はARC対応の場合と同じです。テレビとサウンドバーの間に配線はHDMIケーブル1本でOKです。

違いといえば、PS4の場所とBlu-rayの場所を入れ替えなくても、Dolby Atmosの音源を伝送できる点になります。

そのままの場所でOK。どちらでもOKです。Dolby Atmos、DTS:X、リニアPCM 5.1ch / 7.1ch等、さまざまな劣化していない音源をeARC対応HDMIで伝送可能です。

ただし上の接続の場合、サウンドバーもHDMIケーブルもテレビもeARCに対応していなければなりません。

ですからサウンドバーとテレビのHDMI端子はバージョン2.1かつeARC対応でなければなりません。

利用するHDMIケーブルはウルトラハイスピード認定を受け、さらにはeARC対応でなければなりません。

DSCとは

 ARCとeARCで少し、圧縮された劣化した音源、圧縮されていない、もしくは劣化していない音源についてご紹介しました。

それと同じように、DSC対応のHDMI 2.1は映像を圧縮して伝送することが可能です。

HDMI 2.1は8K解像度ですら伝送可能な性能を持った化け物みたいなケーブルです。

しかし8Kのデータ量はかなり重たいので、HDMI 2.1であっても1秒間に30枚までしか伝送できません。8Kの場合リフレッシュレート30Hzです。

リフレッシュレート30Hzの場合、枚数が少ないので多少カクカクして動いて見える可能性があります。

なのにDSC対応のHDMI 2.1はなんと、圧縮して軽くすることで8K/60Hzはもちろん、8K/120Hzも、10K/60Hzですら伝送可能とさせます。

HDMI 2.0や1.4ではできません。DSC非対応だからです。

HDMIのバージョンに合ったHDMIケーブル認証

HDMI端子の
バージョン
1.42.02.1
HDMI
ケーブル認証
ハイスピードプレミアムハイスピードウルトラハイスピード
帯域幅10.2Gbps18 Gbps48 Gbps

 テレビ、サウンドバー、Blu-ray等、利用するデバイスのバージョンに合ったHDMIケーブルを購入すると、機能や性能を最大限活かすことが可能です。

HDMIケーブルの性能が高すぎると金銭的に損しますし、逆にHDMIケーブルの性能が低すぎると機能や性能を活かしきれずに損するのです。

見分け方はカンタン。HDMI端子のバージョンが1.4ならハイスピード認証を受けたHDMIケーブル。

HDMI端子のバージョンが2.0ならプレミアムハイスピード認証を受けたHDMIケーブル。

HDMI端子のバージョンが2.1ならウルトラハイスピード認証を受けたHDMIケーブルを選べばいいのです。

実は認証を受けていなくてもOK!?

 HDMIケーブルの認証は私たち消費者が安心して買い物ができるよう、HDMIの規格団体がケーブル認証テストを行い、一定以上の性能を有する場合にハイスピードまたはプレミアムハイスピードもしくはウルトラハイスピードマークの表示許可を与えています。

テストに合格しているので、○○ハイスピードと記載あれば安心して製品を購入できます。

しかし実は、テストしていないだけでハイスピードまたはプレミアムハイスピードもしくはウルトラハイスピード相当の性能を持ったHDMIケーブルも販売されています。

中には、2.1/ウルトラハイスピード相当の性能を有しながら、プレミアムハイスピード認証のみ受けた製品も販売されていたりもします。

この場合ややこしいですが、8K/60Hz出力可能にもかかわらずプレミアムハイスピード認証と記載されます。

ウルトラハイスピードに関しては、2020年夏から認証テストが始まったばかりですので、ウルトラハイスピード認証取得済のHDMIケーブルはまだ数がありません。

またより安く販売するために認証テストを受けていない製品を販売している可能性もあります。

さまざま理由はありますが、HDMIケーブルを買うときには認証だけでなく、1.4/2.0/2.1などのバージョン表記、もしくは帯域幅もチェックしましょう。

バージョンや認定が違っても互換性あるので使える

 現在ご利用中のテレビのHDMI端子のバージョンが1.4だとして、将来的に2.0または2.1搭載のテレビを購入予定だとします。

この場合新たに購入するHDMIケーブルに、ぴったりなはずの認証ハイスピードではなく、過剰スペックなプレミアムハイスピード以上を購入したいと思うことでしょう。

HDMI2.0のテレビからHDMI2.1に買い替えた際、以前使っていたプレミアムハイスピードHDMIケーブルを使いまわしたいと思う方もいるでしょう。

一方は過剰な性能のHDMIケーブル、もう一方は足りない性能のHDMIケーブルを使うことになりますが、どちらも利用できます。

HDMIは、下位互換・上位互換ともにあるので、バージョンと認証が一致していなくても使えます。

ただし、最も性能の低いものに合わせた出力しかできなくなるのでその点だけ注意が必要です。

例えばHDMI端子が1.4で、HDMIケーブルがウルトラハイスピードの場合、HDMI1.4の性能までしか活用できません。ですから4K/30Hz、フルHD/144Hzまで。

例えばHDMI端子が2.1で、HDMIケーブルがハイスピードの場合もHDMI1.4の性能までしか活用できません。ですから4K/30Hz、フルHD/144Hzまで。