ソフトバンク光 解約方法-申し込みから解約までの流れ-

 ソフトバンク光から他の光回線に変更したいと考えている人も中にはいらっしゃるでしょう。

当記事ではソフトバンク光を解約したい方向けに、事前に確認しておいた方がいいことや解約までの流れなどをご紹介します。

ソフトバンク光から光コラボの事業者変更をする場合には「解約」ではなく「事業者変更」になりますのでご注意ください。

事前に確認・準備しておくもの

 ソフトバンク光に解約の電話をかける際、事前に確認・用意しておいた方がよいものは以下になります。

準備するもの

  • 契約者名、契約電話番号または登録電話番号、生年月日
  • 撤去工事の希望日(第3希望まで)

もともと集合住宅に光回線が導入されていて、撤去工事をする必要がないこともあります。オペレータの方に確認しましょう。

確認するもの

 My SoftBankで以下の確認をしておくとスムーズで、確認もれがなくなります。

  • 契約更新月
  • 契約解除料
  • 工事費の残債(残っている場合一括払いになる)

※契約者本人が亡くなった場合には契約解除料はかかりません。

注意点:解約は更新月の15日までに行う

 ソフトバンク光を自動更新プラン(2年更新など)を契約しているのであれば、更新月の15日までの申し込みが必要です。

自動更新でない場合でも、解約希望日の6営業日前(土日祝除く)までに申し込みをしなければなりません。

解約の手続きがスムーズにいかなかったときや撤去工事希望日を希望通りに入れたい場合を考えると、どんなに遅くても2週間前、可能な限り1か月以上前には連絡をいれておきたいところですね。

引っ越しの多い時期に申し込むのであれば、直近の日付(特に土日祝)はまず埋まっていると考えておきましょう。

ちなみに解約受付自体は解約希望日の90日前から可能となっています。

解約の流れ

サポートセンターに解約の申し込みをする

 ソフトバンクのサポートセンターから解約の申し込みをします。

ソフトバンクサポートセンター:186-0800-111-2009

受付時間:10:00-19:00

契約内容などの個人情報が絡む問い合わせの場合、どのコールセンターでも必ず本人確認する必要があります。

ソフトバンクでは契約者名、契約電話番号または登録電話番号、生年月日で本人確認を行っているようですので、これらをオペレーターの方に伝えてください。

また、解約の手続きとなると契約者本人でないといけない可能性もあります。掛け直すことになりかねないので、契約者本人がかけるか、契約者本人が近くにいるときに連絡してくださいね。

 オペレーターの方につながったら「ソフトバンク光の解約をしたい」旨を伝えればそれに応じた案内をしてくれるでしょう。

解約翌月20日までにレンタル機器の返却をする

 レンタル機器はソフトバンクの機器とNTTの機器の2種類があります。

解約受付時に案内があると思いますので、解約後はその案内に従って機器を返却していきます。

返却が必要なソフトバンクの機器

  • BBユニット
  • 地デジチューナー
  • SoftBank Air(開通前レンタル利用時)
  • Pocket Wi-Fi(開通前レンタル利用時)
  • 上記付属の各種ケーブル、アダプタ

BBユニット、地デジチューナーの送り先

〒272-0001
千葉県市川市二俣678-55
ESR 市川ディストリビューションセンター 3階 北棟N8
ソフトバンク返品センター宛

SoftBank Air、Pocket Wi-Fiの送り先

〒272-0001
千葉県市川市二俣678-55
ESR 市川ディストリビューションセンター 3階 北棟N8
ソフトバンク光 貸与品返品センター

 ソフトバンクに返却する場合には、回収キットは送られませんので、機器が入っていた箱などに入れ直し、送付伝票を貼ってコンビニなどから発送する必要があります。

撤去工事にくる人はNTTの作業員なので、撤去工事があるとしてもソフトバンクの機器は回収してくれません。

また、発送は元払い(利用者が発送料を負担)となっているのでご注意を。

返却が必要なNTTの機器

 NTTの機器であれば工事担当者が同時に回収してくれるので返送の必要はありません。

回収が必要な場合にはNTTから回収キットが送られてきますので、そのキットに従ってNTTのロゴが入った機器を入れ、返送します。

撤去工事(必要時)

 撤去工事が必要な場合は、案内の通りに工事担当者の方がきます。

立ち会いは必ず必要ですが、本人でなくてもよい場合が多いです。心配な方は解約手続き時にオペレーターの方に確認しておきましょう。

引っ越した後の撤去工事は?

 すでに退去したあとの集合住宅・賃貸戸建ての解約で契約者が立ち会えない場合には、以下の3点を住んでいた賃貸の管理会社に確認をしてください。

  • 管理会社名
  • 管理会社の連絡先
  • 担当者名

ソフトバンクが管理会社と連絡を取り、撤去工事に立ち会いをしてくれます。

とはいえ、管理会社側にもソフトバンク側にも手間をかけてしまうことになるので、なるべく自分が立ち会えるように早めの手続きをしておくのがよいですね。

別途手続きの必要なオプションがないか確認

 ソフトバンク光を解約しても、契約しているサービスによっては別で解除手続きが必要なサービスがあります。

  • スカパー
  • Netflix
  • ひかりTV
  • スマートレスキュー
  • がっちりパック
  • プレミアムTV

上記のようなサービスはソフトバンクが直接提供していないサービスなので、ソフトバンクで解約ができないのです。

それぞれ別途で各サービス提供元で解約する必要があります。

最終請求は人によって異なる

 契約サービスによりますが、解約完了日の翌月10日ごろには請求金額が確定します。

光回線だけでなく固定電話やでんきなど別のサービスも解約する場合、それらの請求がさらに遅れてくることもありますので留意しておきましょう。

解約後6か月まではMy SoftBankで契約内容の確認が取れますので、オプションの解約漏れがないかも含めて、詳細はそちらで確認するのが一番確実です。

解約手続きは早め早めに

 ソフトバンク光の解約手続きは電話のみとなっています。

コールセンターが混み合っていたり、手続きに必要な情報が足りなくて掛け直したりする間に、いつのまにか更新月を過ぎてしまっていたなんてこともあり得ます。

やむを得ず急ぎで解約しなければならない場合は仕方ありませんが、予め解約がすると決まっているのであれば、受付可能な時期になり次第なるべく早めにソフトバンクへ連絡することをおすすめします。