ドコモ光とは!?NTTドコモの光回線サービス

ドコモ光はNTTドコモの光回線サービス

 ドコモ光とは、光回線(インターネット)接続サービスです。運営は、日本では知らない人の方が少ないNTTドコモ。

NTTドコモは、スマホ(携帯電話)など無線通信サービスを提供する移動体通信事業日本最大手。

無線サービス同様、手厚く、信用と信頼あるサービスが期待できます。

ドコモ光の光回線はNTT東・西日本が提供するフレッツ光(光コラボ)

 光回線とは、電車でいう線路です。ドコモ光の光回線は、NTT東・西日本が提供する光回線・フレッツ光を使ったインターネットサービスです。

フレッツ光を使ったインターネットサービスを光コラボレーション(光コラボ)といいます。

NTTドコモも、NTT東・西日本も、両方とも日本電信電話・いわゆるNTTグループ参加なので変な感じがしますが、光回線で最も安心できるサービスと言っても過言ではありません。

一番選ばれている光回線

光コラボでシェア1位

 ソフトバンク光、ソネット光、ビッグローブ光、150社以上の光コラボサービスがあります。

MM総研(東京都港区、所長・中島 洋)は6月6日、2018年度通期(2018年4月~2019年3月)のブロードバンド回線事業者の加入件数調査結果を発表しました。

出典:ブロードバンド回線事業者の加入件数調査(2019年3月末時点)/MM総研(東京都港区、所長・中島 洋)

ドコモ光の契約者数は光コラボ事業者全体で1位。光コラボ契約数の45.4%も占めるとのことです。

最も選ばれている光回線・光回線全体でも1位

 NTT東日本とNTT西日本の光回線・フレッツ光。KDDIグループのauひかり。関西電力の子会社であるケイ・オプティコムのeo光。

ソニーグループ・ソニーネットワークコミュニケーションズが運営するnuro光。そのほかの光回線。

光コラボはフレッツ光なので、ドコモ光もフレッツ光の一部ではありますが、あえて光コラボ事業者も分離してシェアを考えたいと思います。

MM総研の2018年度通期(2018年4月~2019年3月)のブロードバンド回線事業者の加入件数調査によると、2019年3月末時点でドコモ光の契約者数は、光回線全体でも1位だということがわかります。

2019年3月末のNTT東西合計の契約数は2,107.8万件と記載あります。そのうち、光コラボの割合は40.7%・1,269.0万件です。

そのためNTT東西合計から光コラボの分を差っ引くと838.8万件になります。

NTT東と西の割合は公表されていませんが、総務省が発表した『光回線市場の事業者別シェア』によると2017年12月次点でのNTT東日本の割合が51.9%であることがわかります。

出典:3.固定系ブロードバンド市場(小売市場)/総務省

2019年3月末時点でのNTT東と西の割合も51.9:48.1とは限りませんが、同じだと仮定すると、838.8万件中435.3万件がNTT東日本のフレッツ光ということになります。

光コラボの契約者のうち、光コラボ契約数シェアでNTTドコモが45.4%と記載あるので、1,269.0万件中576.1万件がドコモ光という計算になります。

なんと、NTT東日本のフレッツ光の契約者数435.3万件より100万件以上多いという結果です。

ドコモ光のウェブサイトを見ると、ドコモ光の契約者数はすでに610万件を突破と記載あります。

そのため、光コラボで1位だけでなく、すでに光回線市場全体で1位の契約者数という驚くべき結果になります。

顧客満足度調査で常にベスト10入り

 ICT総研が行ったWebアンケート調査「ブロードバンドサービスの市場動向」によると、ドコモ光の顧客満足度は、2019年で7位、2018年で5位、2017年で3位と、常にベスト10入りしています。

150社以上もある光回線サービスで常に10いいないをとる安定さ。NTTグループだからこそなせる満足のいくサービスが期待できます。

出典:2019〜2017年度 ブロードバンドサービスの市場動向調査/ICT総研

ドコモ光をオススメできる人またはご家庭

迷っている方やこだわりのない方・ご家庭

 ご紹介した通りドコモ光は、利用者数が最も多いにもかかわらず、安定して顧客満足度の高い光回線サービスを提供しています。

NTTグループ・NTTドコモというネームバリューと安心感もありますし、価格も比較的安めです。

ですから、150社以上もある光回線サービスから、どれを選んだら良いのか迷っていたり、こだわりのない方やご家庭であれば、ドコモ光をオススメすることができます。

あなたが使っているスマホがNTTドコモならドコモ光がお得

 光回線の通信速度は、理論値はもちろん、実際の使用感も、その差をはっきり体感できる方はほとんどいないかと思います。

そのため、光回線の選ぶポイントは、一般的には価格の違いになります。ドコモ光は、NTTドコモの光回線サービスなので、セット割りが適用されるととてもお得です。

離れた家族も含めて、全員が永年、スマホ月額料金から最大1,000円も割引されます。