ドコモ光テレビオプションとは!?アンテナ不要で地デジ視聴

 NTTドコモが運営する光回線・ドコモ光のオプションサービス「ドコモ光テレビオプション」についてご紹介します。

「ドコモ光テレビオプション」そのもののご紹介はもちろん、料金や工事、「ひかりTV for docomo」との違いなどもご紹介。

※記載価格はすべて税込です。



ドコモ光テレビオプションとは

 ドコモ光回線を使って、地デジ番組を視聴できるサービスです。

一般的な地デジ番組視聴との違い

通常、地デジ番組を視聴するために必要なモノ

 地デジ番組を視聴するには通常以下の4種類のモノが必要です。

  • 地デジアンテナ:地デジ放送を受信する
  • 地デジチューナー:地デジ放送信号を映像・音声信号に変換
  • B-CASカード:著作権保護のため暗号化された映像(電波)を視聴可能な形に変換
  • モニター:映像を映し出すディスプレイ

地デジチューナー、B-CASカード、モニターがセットになっている製品が、地デジ対応のテレビです。

ですから必要になるモノは実質、地デジ対応テレビ+地デジアンテナの2種類になります。

ドコモ光テレビオプションで必要なモノ

  • ドコモ光テレビオプションの契約:ドコモ光のオプションサービス
  • 地デジチューナー:地デジ放送信号を映像・音声信号に変換
  • B-CASカード:著作権保護のため暗号化された映像(電波)を視聴可能な形に変換
  • モニター:映像を映し出すディスプレイ

 地デジアンテナの代わりに、ドコモ光およびドコモ光テレビオプションの契約をします。アンテナは不要。

アンテナとドコモ光テレビオプションのメリットとデメリット

アンテナドコモ光テレビオプション
メリット・月額料金不要
・光回線不要
・地デジアンテナ不要
・BSアンテナ不要
・悪天候に強い
デメリット・地デジアンテナを購入する必要があり
・BSアンテナを購入する必要がある
・台風などでアンテナが故障するリスクがある
・月額825円(税込)の料金がかかる
・インターネットしない方には高い

ドコモ光テレビオプション利用までの流れ

  1. 提供エリアを確認
  2. 申し込む
  3. 工事日程の電話がくる
  4. 契約書類が届く
  5. 工事開始
  6. 地デジ・BSを観る

提供エリア

東日本エリア東京都、神奈川県、千葉県、埼玉県、茨城県、栃木県、群馬県、長野県、新潟県、山形県、岩手県、福島県、宮城県、北海道の各一部
西日本エリア大阪府、和歌山県、京都府、奈良県、滋賀県、兵庫県、愛知県、静岡県、岐阜県、三重県、石川県、広島県、岡山県、香川県、徳島県、福岡県、佐賀県、長崎県の各一部

※2021年1月時点における提供エリアです。

申し込む

申込窓口

  • ドコモショップ
  • 家電量販店
  • ドコモ光のプロバイダが運営するWebサイト
  • ドコモ インフォメーションセンターに電話

月額料金

ドコモ光月額料金 + 825円/月(税込)

初期費用

ドコモ光と同時に申し込みの場合
 テレビ1台まで
の接続工事料
テレビ2台~4台
の接続工事料
基本工事料3,300円3,300円
テレビ接続工事料7,150円21,780円
テレビ視聴サービス登録料3,080円3,080円
ドコモ光テレビオプション
契約事務手数料
0円0円
合計13,530円28,160円
すでにドコモ光ご契約の方がドコモ光テレビオプションだけ申し込むの場合
 テレビ1台まで
の接続工事料
テレビ2台~4台
の接続工事料
基本工事料8,250円8,250円
テレビ接続工事料7,150円21,780円
テレビ視聴サービス登録料3,080円3,080円
ドコモ光テレビオプション
契約事務手数料
2,200円2,200円
合計20,680円35,310円

※5台以上の接続を行う場合は、費用が別途かかります。

工事

 ドコモ光テレビオプションだけの工事でしたら、1~2時間程度で終了します。

ドコモ光と同時にドコモ光テレビオプションをお申し込みの場合には、ドコモ光の工事も必要なので、倍の所要時間・おおよそ2~4時間かかります。

ドコモ光テレビオプションとひかりTV for docomoの違い

オプションドコモ光テレビオプションひかりTV for docomo
月額料金月額825円月額3,850円
(2年割適用で2,750円)
初期費用必要不要
チャンネル・地デジ
・BS放送
・dTVチャンネルも含めた79の専門チャンネル
・13万本以上のビデオ・地デジ・BS放送

 ドコモ光のオプションサービス「ドコモ光テレビオプション」には、似たサービスに「ひかりTV for docomo」もあります。

違いは視聴可能な番組数+動画配信です。

地デジとBS放送だけ見たい方は「ドコモ光テレビオプション」。地デジとBS放送のほかに、見放題の動画配信サービスdTVと79の専門チャンネルもたっぷり見たいといった方は「ひかりTV for docomo」がおすすめです。