【NURO光】安い窓口比較キャッシュバック[2020年12月]

 2020年12月22日時点における、NURO光のG2 Vプラン(2年更新プラン)を契約した場合の情報になります。

※価格は税込価格です。不課税のものはそのまま記載。



窓口は3種類

  • NURO光公式サイト
  • 代理店
  • 家電量販店

ネット窓口が2種類

 上記のうちネットから申し込み可能な窓口は以下の2種類。

  • NURO光公式サイト
  • 代理店

当記事では上記のネット窓口について比較します。

訪問窓口は1種類

 お客様が足を運んで申し込む訪問タイプの窓口は、今回は比較対象外としています。家電量販店は店舗ごとにキャンペーン内容が異なるので、キャンペーンのあるなし含め、実際に問い合わせないと詳細不明なことが多いです。

申込み窓口によりキャンペーンの内容が異なる

 NURO光のネット窓口は多くが代理店。

代理店によってキャンペーン内容が異なりますので、比較をしないと「自分に一番お得なキャンペーンはどれなのか」がわかりづらい状況になっています。

キャッシュバック比較表

 以下の比較ではすべて現金で受け取れるもの(口座振込または郵便為替)に限定しています。順番は金額優先で、申請方法の難しさは考慮していません。

公式キャッシュバックキャンペーンの併用が明記されているものには内訳を記載しています。書いてないものは不明のため公式分の金額は入れていません。

さらに以下のキャンペーンは除外しています。

  • 商品券や現物支給のみ(製品+キャッシュバックであれば記載)
  • NURO光関連サービス以外の契約が必要(ポケットWi-Fiやウォーターサーバーなど)
  • キャッシュバックの受け取り時期を明記していない
  • 追加オプションの内容が明記していない
  • 金額と受け取り時期で公式のキャッシュバックをはるかに下回るもの

公式のキャンペーンが併用されている場合には、公式分のキャッシュバックも別に手続きが必要になり、受け取り時期も公式準拠になります。(7ヶ月後)

申込窓口オプション加入キャッシュバック
(公式と代理店の内訳)
受取時期
フルマークス光でんわ58,000円
(公:25,000、代:33,000)
開通から9ヶ月後
ブロードバンドナビ光でんわ55,000円
(公:25,000、代:30,000)
開通月+5ヶ月後
スローダイニング光でんわ53,000円
(公:25,000、代:28,000)
※会員番号末尾3.7の人は
代理店分5,000円UP
開通7ヶ月後の20日
NURO光公式なし45,000円開通7ヶ月後
ブロードバンドナビなし42,000円
(公:19,000、代:23,000)
開通月+5ヶ月後
スローダイニングなし42,000円
(公:19,000、代:23,000)
※会員番号末尾3.7の人は
代理店分5,000円UP
開通7ヶ月後の20日
フルマークスなし42,000円
(公:19,000、代:25,000)
開通から9ヶ月後
アウンカンパニー光でんわ35,000円開通確認の翌月末
アウンカンパニーなし30,000円開通確認の翌月末

オプションの料金

オプション名月額料金
NURO 光でんわ(IP電話)550円(北海道・関東)
330円(東海・関西・九州)

まとめ

 NURO光でよりお得にキャッシュバックを受け取るためには、まずは手続きを忘れないように注意する必要があります。

代理店だけでなく、NURO光公式のキャッシュバックキャンペーンでも手続きが必要となります。手続きをする時期をメモしたり、お知らせメールを忘れずチェックしたりしましょう。

回線のみ契約する場合はNURO光公式

 NURO光公式では光でんわを同時に契約しなくても45,000円のキャッシュバックが受けられます。

代理店では光でんわがない場合、高い会社でも3,000円低くなってしまいますから公式のキャンペーンを適用した方がお得。

光でんわも契約する場合にはフルマークス

 光回線と光でんわを契約する方で、キャッシュバックをより多くもらいたいのであればフルマークスがおすすめ。

受け取り時期はやや遅くなりますが、公式よりも13,000円も多くキャッシュバックが受けられます。

※公式分と代理店分でキャッシュバックの手続きを行う必要があります。

フルマークスのNURO光ページ↓

少額になっても貰い忘れをなくしたい場合はアウンカンパニー

 手続きが面倒だったり、手続きを忘れてしまうのが不安という方におすすめなのはアウンカンパニーです。

キャッシュバック金額は公式よりも15,000円ほど低くなってしまいますが、受け取り時期が最短1か月と早く、面倒な手続きをしなくてもOKなのがメリットです。