ドコモ光セット割とは!?スマホも使って自分も家族も安くなる

 NTTドコモ、au、ソフトバンク、三大キャリアが運営する光回線やその他一部の光回線では、スマホとセットで利用するとセット割が適用されます。

そのうちの一つが「ドコモ光」。ドコモ光とドコモのスマホの両方を使うことで毎月のスマホ代が安くなります。

どうせ光回線もスマホも両方使うのであれば、ドコモ光のセット割が適用されるよう賢く使ったほうがお得です。

そこで今回は、誰がどのように使えば、いつどれくらいの期間割引サービスを受けられるのか、ご紹介していきたいと思います。

※価格はすべて税込です。



ドコモ光のセット割とは

  • ドコモのスマホとドコモ光を利用すると月額スマホ料金から割引されるサービス
  • ドコモスマホのプランによって割引額が変わる仕組み
  • ご自身のドコモスマホだけでなく、ご家族のドコモスマホも割引対象
  • ドコモ光とドコモスマホを利用している限りずーっと割引

ドコモ光のセット割適用条件

  • ドコモスマホの料金プランがセット割対象であること
  • ドコモ光とドコモスマホの契約者名が一致していること(ペア回線)
  • ドコモ光契約者の支払い口座またはクレジットカードとドコモスマホの支払い口座またはクレジットカードが同一であること

ドコモ光のセット割が適用されるドコモスマホの料金プランと割引額

ドコモの新料金プラン

料金プランセット割の割引額
(ファミリー割引グループ内の割引額)
5Gギガホ プレミア
~3GB・無制限
1,100円
ギガホ プレミア
~3GB・~60GB
1,100円
ギガホ・5Gギガホ1,100円
ギガライト・5Gギガライト
データ量3GB超え
1,100円
ギガライト・5Gギガライト
データ量1GB超え~3GB以下
550円
ギガライト・5Gギガライト
データ量1GB以下
割引なし
「ドコモ光ミニ」のみご利用の場合
料金プランセット割の割引額
(ファミリー割引グループ内の割引額)
5Gギガホ プレミア
~3GB・無制限
550円
ギガホ プレミア
~3GB・~60GB
550円
ギガホ・5Gギガホ550円
ギガライト・5Gギガライト
データ量3GB超え
550円
ギガライト・5Gギガライト
データ量1GB超え~3GB以下
220円
ギガライト・5Gギガライト
データ量1GB以下
割引なし

ドコモの旧料金プラン(カケホーダイ&パケあえる)

 ドコモの旧料金プラン(カケホーダイ&パケあえる)の新規受付は終了しています。

パケットパックセット割の割引額
ウルトラシェアパック1003,850円
ウルトラシェアパック503,190円
ウルトラシェアパック302,750円
ベーシックシェアパック
10GB超え
1,980円
ベーシックシェアパック
5GB超え~10GB以下
1,320円
ベーシックシェアパック
5GB以下
880円
ウルトラデータLLパック1,760円
ウルトラデータLパック1,540円
ベーシックパック
3GB超え
880円
ベーシックパック
1GB超え~3GB以下
220円
ベーシックパック
1GB以下
110円

※「ドコモ光ミニ」のみご利用の場合は、110円~550円(税込)がパケットパックの月額料金から割引

 ウルトラシェアパック、ベーシックシェアパック等は、主回線(親回線)が契約する1つのプラン(データ容量)をご家族(子回線)で分け合うプランです。

そのためドコモのセット割対象は、シェアパックの場合においては親回線のみに適用され、子回線には適用されません。

ドコモのセット割対象者

  • 離れて暮らす家族、遠くの親戚もドコモのセット割対象
  • 事実婚や同性パートナーもドコモのセット割対象
  • 主回線から三親等以内のご家族、20回線まで

 ドコモのセット割の対象者は、「ドコモ光」契約者または同一「ファミリー割引」グループ内に入っているご家族です。

ファミリー割引グループ内のご家族の内、「5Gギガホ プレミア」「ギガホ プレミア」「5Gギガホ」「5Gギガライト」「ギガホ」「ギガライト」プランで契約していると、上の表にある割引額分、それぞれの月額料金から差し引かれます。

そのためもし家族5人全員のプランが「5Gギガホ プレミア」であれば、1,100円×5回線、合計5,500円割引される計算です。

ドコモ光のセット割は自動的に適用される

 ドコモ光のセット割は、ドコモのスマホユーザーである名義人がドコモ光を契約をすれば、自動的に適用されます。