カンタン!J:COM 7つのサービス概要

J:COM TV

 地デジとBS・CS(4K放送含む)を組み合わせたサービスが「J:COM TV」です。

通常であれば、地デジとBS・CS(4K放送含む)を見ようと思ったら、まずはアンテナを設置しなければならないので初期費用(工事費)が70,000円以上かかります。

「J:COM TV」であれば、アンテナを設置する必要がないので気軽に始められますし、初期費用(工事費)5,000〜6,000円とかなり安いというメリットがあります。

『J:COM』の正規代理店で見る↓

J:COM NET

 「J:COM NET」はインターネットサービスです。パソコンやスマホ・タブレットにてインターネットが可能になります。

「J:COM NET」と他社のインターネットの違いは、「J:COM NET」が5種類の通信速度からライフスタイルに合わせて選ぶことができる点にあります。

ただし、「J:COM NET」単体だと他社のインターネットに比べてお得感が少なかったり、配線方式の違いによる通信速度の差などがあるので注意が必要です。

J:COM PHONE

 「J:COM PHONE」は、いわゆる固定電話サービスです。「家電」といった方がわかりやすいでしょうか。

通常は電話機を買い、NTTの「加入電話」を申し込み、36,000円の初期費用と月額1,450〜1,950円をお支払いすることで固定電話が可能になります。

「J:COM PHONE」の場合、初期費用5,000〜6,000円、月額1,330円で利用可能です。また通話料金も「加入電話」より安いので、長電話する方にオススメのサービスです。

J:COM MOBILE

 「J:COM MOBILE」は、いつでもどこでもスマホにて、電話とメール、LINEやインターネット、アプリの利用を可能とさせるサービスです。

NTTドコモ、au、ソフトバンクと同じサービスといった方がわかりやすいでしょうか。

NTTドコモ、au、ソフトバンクの基本料金やデータ通信料金に比べてかなり安いので、長電話しない方であれな確実にお得です。

J:COM 電力

 2016年4月、大手電力会社10社以外の会社からも電力を買うことが可能になりました。

「J:COM 電力」は、J:COMが提供する電力小売サービスです。価格が安いので、電力小売サービスを利用していない方は特にお得です。

ただし、J:COM NETまたは、J:COM TVとJ:COM PHONEも契約していないと利用できませんので注意。

J:COM ガス

  2017年4月、都市ガスの小売全面自由化がスタートしました。電力同様、今までは地域ごとの都市ガス会社からしかガスを買うことができませんでした。

今現在は、今までと品質の変わらないガスを、自分が選んだ会社から購入できるのです。「J:COM ガス」は、J:COMが提供する都市ガス小売サービスです。

ただし、J:COM NETまたは、J:COM TVとJ:COM PHONEも契約していないと利用できませんので注意。

J:COM HOME

 「J:COM HOME」は、家電を音声操作可能にしたり、外出先から遠隔操作したり、お子様やペットを見守ったりできるサービスです。

手が濡れていても家電操作できたり、家に帰ったらすでに部屋が暖かい(涼しい)かったり、お子様の帰宅がわかったりするのでとても便利です。

月額料金をお支払いするだけで必要な機材がセットで提供されるので詳しくない方でも気軽に利用できます。

ただし、J:COMの他サービスを利用していないと契約できないので注意が必要です。

ケーブルテレビの最新記事8件