TUF-AX3000 レビュー【ASUS/Wi-Fi6ルーター】

  様々なWi-Fiルーターが多数存在する中「選び方はなんとなくわかったけど高い買い物だし、実際に使った結果・感想が聞きたい!」という方は多いですよね。

そこで今回は購入したASUSのTUF-AX3000は実際どうだったかのレビュー・感想を述べていきます。

TUF-AX3000は発売日が2020年5月15日に発売した少し前のWi-Fi6ルーターになります。最新でもなく高性能なモデルではないですが少しでも参考になれば幸いです。

目次

最大転送速度2,402MbpsのWi-Fi6ルーター

 TUF-AX3000はWi-Fi6に対応したWi-Fiルーターです。

  • デュアルバンド
  • 802.11ax(5GHz / Wi-Fi 6):最大2402Mbps
  • 802.11ac(5GHz Nitro-QAM適用時):最大1084Mbps
  • 802.11ac(5GHz / Wi-Fi 5):最大867Mbps
  • 802.11ax(2.4GHz Nitro-QAM適用時):最大574Mbps
  • 802.11n(2.4GHz / Wi-Fi 5):最大300Mbps
  • ゲーミング機能つき
  • 外部アンテナ4本(送信2×受信2)
  • 1.5GHzトリプルコア

ゲーミング機能ついていてゲーマーにも嬉しい

 TUF-AX3000はゲーミング機能がついたゲーミングWi-Fiルーターです。

ゲーミングLANポート、アダプティブQoS対応

TUF-AX3000

 アダプティブQoSという機能にも対応していますしLANポート1はゲーミングLANポート対応となっています。

ゲーム用の通信帯域を確保したりパケットを優先的に処理することでゲームをスムーズにプレイすることができるようにしてくれる機能です。

アダプティブQoSはゲーム向けだけでなくストリーミングやブラウジングなどのプリセットも用意されているので用途に応じて切り替えることもできます。有線でも無線でも使えるのでスマホでゲームをする場合にも役立つ機能です。

Open NAT機能

 PCでゲームをしている方の中にはマルチプレイにてホストをしようとしたときポート開放という部分で手間取った方も多いのではないでしょうか。

そのポート開放を簡単にできてしまう機能がOpen NATです。

この機能を使えばポート開放が簡単にできるだけでなく複数のゲームのポート管理も行えます。人気のゲームタイトルであれば選択するだけでできるようになっています。

見た目がかっこいい

 ゲーミングWi-Fiルーターというだけあり見た目はメカを感じさせるつくりになっています。小さいお子様がおもちゃとしても遊びかねない見た目ですね。

TUF-AX3000

黒が基調になっていますが素材的にはあまり高級感がなく、外部アンテナが目立つデザインなのでスマートにおいておきたい方にはやや不向きです。

壁掛けにも対応

 残念ながら我が家には壁掛けできる場所がなかったので今回はかけていませんが壁にかけられるの環境であれば幅をとらずに設置できます。

TUF-AX3000

壁掛けをしない場合横置きのような形になってしまうので幅を取ります。設置場所の確保が必要。

アンテナの可動域は広い

 壁掛けでも自由に動かせるように可動域は広くなっています。

TUF-AX3000

電波を下の階にもなるべく届けるような向きもできますし隣接する部屋に届けるような向きにもできます。

ASUS routerアプリで管理も簡単

 ASUSの製品からASUSの製品への交換だったので交換後の機器の設定はASUS routerアプリで行いました。

RT-AC85Uの接続を切ってもアプリ内には以前の情報は残ったままでTUF-AX3000の情報を追加することになります。もし以前のルーターに戻すことがあったとしても管理がしやすい状態。

動作モードの切り替えなどもアプリから行えるのでONUの管理画面のようにわざわざIPアドレスを打ち込む必要はありません。

  • Wi-Fi6のオンオフ切り替え
  • スマートコネクトモードのオンオフ切り替え
  • ネットワーク名の変更
  • パスワードの変更
  • 接続されている機器の一覧を見る
  • 動作モードの切り替え
  • 再起動の実行

 上記はできることの一例で他にもありますがここでは割愛。

Wi-Fiルーターの調子がよくないときは再起動を試すことが多いですがそれを簡単にスマホアプリから行えるので便利だなと感じます。

スマートコネクト機能のON/OFFは場合によりけり

 TUF-AX3000はデュアルバンドなので5GHz帯と2.4GHz帯の2つの通信経路を使うことができます。この経路は手動で選択することもできますし自動で適した経路を選んで接続してくれる「スマートコネクト」という機能を使うこともできます。

自動で安定している帯域に接続してくれるので、5GHz帯と2.4GHz帯の特性の違いからどうしても優先的に2.4GHz帯に接続され、2.4GHz帯が混雑してきた場合にだけ5GHz帯に接続されるようです。

Wi-Fiルーターとゲーム機が同じ部屋にあるのならスマートコネクトOFFがおすすめ

 「スマートコネクト」をONにした状態で計測すると何度計測してもOFFのときより速度が遅くなりました。ですからPS5やPC等ゲームだけ優先したい場合には「スマートコネクト」をオフにすることおすすめします。

PS5やPCのみ5GHz帯に接続させ、スマホ等ゲームに関係ないデバイスのみ2.4GHz帯に接続するといったようにです。このように接続しておけば5GHz帯のみ他のデバイスに通信速度を圧迫される心配がなくなります。

Wi-Fiルーターが設置される部屋を中心にインターネットする方はスマートコネクトONがおすすめ

 Wi-Fiルーターを設置する部屋と異なるお部屋を中心にインターネットされる方、特にWi-Fiルータが設置されている部屋とゲーム機が置いてある部屋が異なり、ゲームを優先させたい方はスマートコネクトONをおすすめします。

5GHz帯よりも2.4GHz帯の方が壁越しでも電波が通りやすいのでスマートコネクト機能により2.4GHz帯を優先される方がむしろ通信速度が安定します。しかも2.4GHz帯が混雑してきたら自動で5GHz帯に切り替えてくれます。

まとめ:速度867Mbps以下のWi-Fi5ルーターを使っている人にはおすすめ

TUF-AX3000

TUF-AX3000とRT-AC85Uを比較

 いままで使用していたのはWi-Fi 5のRT-AC85U。新しく購入した製品がWi-Fi 6対応のTUF-AX3000。両方ともASUSの製品です。

TUF-AX3000とRT-AC85Uの性能だけ見た場合のざっくりとした違いは以下の通りです。

  • TUF-AX3000はWi-Fi6に対応、RT-AC85U非対応
  • Wi-Fi 5としての速度はRT-AC85Uの方が速い(アンテナ数が2倍)
  • プロセッサやメモリはTUF-AX3000が上
  • ストリーム数は4×4から2×2へと減少

これらを踏まえて交換前と交換後の比較をしました。環境は以下の通りです。

環境

検証場所木造戸建て
Wi-Fiルーターを置いている部屋
Wi-Fiルーターから扉2枚挟んだ部屋
時間帯平日12:00
光回線NURO光(下り最大 2Gbps / 上り最大 1Gbps)
接続機器〇PC:OMEN by HP 15 エクストリームモデル(15-dh1004TX)
 ・搭載されるWi-Fi:インテル Wi-Fi 6 AX201
〇PlayStation5
セキュリティWPA2

 上記環境にて交換前のPC速度をhttps://fast.com/ja/にて測定しました。PS5についてはPS5のインターネット接続診断にて測定。交換後はWi-Fi6機能つけている場合とWi-Fi6機能をOFFにしている場合の2パターンで測定。

測定結果

Wi-Fiルーターと同じ部屋での測定差
単位=MbpsPC
1回目
2回目
PS5
1回目
2回目
RT-AC85U560
480
上256.5
下283.0

上249.0
下276.5
TUF-AX3000 Wi-Fi6 ON760
830
上233.5
下331.4

上232.9
下296.8
TUF-AX3000 Wi-Fi6 OFF840
720
上189.5
下286.0

上106.8
下251.1
Wi-Fiルーターが設置される部屋と壁2枚挟んだときの測定差
PC×TUF-AX3000Wi-Fiルーターと同じ部屋
1回目
2回目
壁2枚挟んだ部屋
1回目
2回目
Wi-Fi6 ON760
830
650
630
Wi-Fi6 OFF840
720
820
790

検証の結果

現在ご利用中のWi-Fiが802.11ac(5GHz / Wi-Fi 5):最大867Mbps以下の方であればみんなに自信を持っておすすめできる

 現在ご利用中のWi-FiルーターがWi-Fi 6非対応で、802.11ac(5GHz)の最大通信速度が867Mbps(アンテナ送受信2×2)の方であれば全員に『TUF-AX3000』をおすすめできます。

『TUF-AX3000』も802.11ac(5GHz)の最大通信速度が867Mbps(アンテナ送受信2×2)だからです。

現在ご利用中のデバイスにほとんどWi-Fi6対応機種がない場合『TUF-AX3000』を使ってもWi-Fi 6での通信はできません。Wi-FiルーターだけでなくスマホやPC等もWi-Fi6対応でなければならないからです。

そのため『TUF-AX3000』を使ってもWi-Fi6非対応のスマホ・PCで通信する限り最大の通信速度は867Mbpsです。Wi-Fi6非対応端末ではWi-Fi6の最大2402Mbps通信はできません。

表を見ていただくとわかりますがRT-AC85Uの通信速度よりWi-Fi6 OFF(Wi-Fi5)で『TUF-AX3000』を使った場合の方が圧倒的に通信速度が速いことがわかります。

1度目の通信速度については840Mbpsをたたき出しています。Wi-Fi5での最大通信速度は867Mbpsですから最大限性能が発揮されていることになります。

ですので最大通信速度が867Mbps(アンテナ数2×2)のWi-Fiルーターを現在ご利用中の方であれば、現在お持ちのデバイスがWi-Fi5対応のモノしかなくても通信速度がかなり改善されます。

もちろんWi-Fi6対応のデバイスが増えていけば増えていくほどに通信速度が安定していきますので将来的にも安心かと思います。

現在ご利用中のWi-Fiが802.11ac(5GHz / Wi-Fi 5):最大1300Mbps以上の方は要確認

現在ご利用中のデバイスのほとんどがWi-Fi5の場合は注意

 現在ご利用中のスマホやPC等のインターネット接続デバイスのほとんどがWi-Fi6非対応の場合には注意が必要です。なぜなら『TUF-AX3000』はWi-Fi5接続時(802.11ac 5GHz)の最大通信速度が最大867Mbpsだからです。

アンテナの数は2×2本。最大1300MbpsのWi-Fi5ルーターのアンテナ本数は3×3本で、最大1733MbpsのWi-Fi5ルーターのアンテナ本数は4×4本です。

ですからWi-Fi5までにしか対応していないスマホ・PC等に接続する場合の最大通信速度は低下してしまうことになります。

とはいえ表を見ていただけるとわかる通り、少なくとも1台だけ接続している分には最大1733Mbpsの「RT-AC85U」の通信速度を超える結果になりました。

これは160MHzのチャンネル幅と1024-QAM、最新テクノロジーOFDMA、プロセッサBroadcom 6750と、アンテナ本数以外の性能・機能が優れているいるからだと考えられます。

ただし接続する端末数が増えれば増えるほどに、アンテナ本数の少ないWi-Fi6よりも、アンテナ本数の多いWi-Fi5の方が通信速度で安定するかと思いますので、同時にインターネットする端末鵜数の多い方は注意が必要です。その点考慮して購入しましょう。

現在ご利用中のデバイスの多くがWi-Fi6なら通信速度安定

 現在ご利用中のWi-Fi5ルーターの最大通信速度が1300Mbps以上(アンテナ本数は3×3本)、もしくは1733Mbps以上(アンテナ本数は4×4本)であっても、使っているスマホ・PC等がすでにWi-Fi6に対応しているのであれば安心して『TUF-AX3000』をおすすめできます。

『TUF-AX3000』はWi-Fi6接続時の最大通信速度が2402MbpsとWi-Fi5アンテナ4本の1733Mbpsを大きく超えるからです。

アンテナ本数では劣るもののWi-Fi6はそもそも混雑した状況での速度が低下しにくいよう開発されています。ですので現在ご利用中のデバイスの多くがWi-Fi6の方であれば自信を持ってお勧めできます。

Wi-Fiルーター設置部屋から2枚・3枚の壁を隔てたお部屋での通信速度を改善したい方にもおすすめできる

 「RT-AC85U」の場合壁を2枚・3枚隔てると通信速度が安定しません。スマホで見ると電波のマークが欠けますし場合によっては自動で2.4GHz帯に切り替わっていることもあります。

通信速度はかなり低下して100Mbpsを切ることもありました。

一方『TUF-AX3000』の場合表を見ていただくとわかる通り、160MHzのチャンネル幅と1024-QAM、最新テクノロジーOFDMA、プロセッサBroadcom 6750が優れているからかWi-Fi6 ON/OFF関わらず通信速度が高速です。

なぜだかWi-Fi6 OFFの方が通信速度が速い結果まで出ました。たまたまかと思いますがどちらにしろほとんど通信速度が低下していないことがわかります。

Wi-Fi6は混雑した状況だけでなく壁を隔てた際の速度も、低下しにくいよう開発されています。壁が2枚3枚4枚と隔てたときにこそWi-Fi6のすごさがわかってきます。

ですから『TUF-AX3000』はWi-Fiルーター設置部屋から2枚・3枚の壁を隔てたお部屋での通信速度を改善したい方にもおすすめできます。

TUF-AX3000 仕様(ASUS/Wi-Fi6)

発売日2020年5月15日
メーカーASUS
対応周波数2.4 GHz / 5 GHz
デュアルバンド
最大転送速度802.11ax(5GHz):最大2402Mbps
802.11ac(5GHz Nitro-QAM適用時):最大1084Mbps
802.11ac(5GHz):最大867Mbps
802.11ax(2.4GHz Nitro-QAM適用時):最大574Mbps
802.11n:最大300Mbps
802.11a/g:最大54Mbps
802.11b:最大11Mbps
搭載ポートWAN(ギガビット) × 1
LAN(ギガビット) × 4
USB3.1(Gen1) × 1
プロセッサBroadcom 6750
1.5GHzトリプルコア
メモリ512 MBメインメモリ
256 MBフラッシュメモリ
アンテナ外部アンテナ4本
(送信2×受信2)
その他ゲーミングLANポート(ポート1のみ)
アダプティブQoS

RT-AC85U 仕様(ASUS/Wi-Fi5)

 交換前のWi-Fiルーターは同じASUSのRT-AC85U。概要は以下。

発売日2016年10月1日
メーカーASUS
対応周波数2.4 GHz / 5 GHz
デュアルバンド
最大転送速度802.11ac(5GHz):最大1,734Mbps
802.11n:最大800Mbps
802.11a/g:最大54Mbps
802.11b:最大11Mbps
搭載ポートWAN(ギガビット) × 1
LAN(ギガビット) × 4
USB3.0 × 1
プロセッサMediaTek MT7621A
880MHzデュアルコア
メモリ128 MBメインメモリ
128 MBフラッシュメモリ
アンテナ内蔵アンテナ4本
(送信4×受信4)
その他トラディショナルQoS