SMS・MMS(メール)・SNS 3つの違いとは!?

SMS・MMS(メール)・SNS 比較表

SMSMMS(メール)SNS
名称ショート メッセージ サービスの略マルチメディア メッセージング サービスの略ソーシャルネットワーク サービスの略
相手知っている携帯電話番号の持ち主知っているメールアドレスの持ち主世界中の不特定多数
文字数70文字(最大670文字)文字数制限なし140〜60,000文字
その他の機能文字の送信のみ画像も送信可能画像も送信可能
料金従量課金制(1通あたり3〜30円)パケット通信量のみパケット通信量のみ

SMSとは?

 SMSとは、ショート・メッセージ・サービスの略で、電話番号宛てにチャット形式でメッセージのやり取りができるサービスです。

ドコモ、au、ソフトバンク、格安SIMでも利用可能。その名の通りSMSは短いメッセージサービスなのでさまざまな制限があります。

文字数制限は最大670文字。機種によっては70文字です。画像などの添付ファイルを送信することはできません。

SMSは送信一回につき料金が発生し、70文字以内は3円、文字数が増えることに1回最大30円になります(税抜)。

MMS(メール)とは?

 MMSとは、マルチメディア・メッセージング・サービスの略で、メールアドレス宛てにメッセージのやり取りができるサービスです。

ドコモなら@docomo.ne.jp、auなら@ezweb.ne.jp、ソフトバンクなら@softbank.ne.jpとアドレスそのものが有名です。

格安SIMに関しては、MMSを提供しているところとしていないところがあります。

文字数制限はなく、画像などの添付ファイルの送信も可能。料金は何度送っても無料。あえていうのであればパケット通信料がかかります。

SNSとは?

 SNSとは、ソーシャル・ネットワーク・サービスの略で、オンライン上でメッセージのやり取りができるサービスです。

ソーシャル(社会的な)という名が示す通り、電話番号やメールアドレスにとらわれることなく、出会ったこともない世界中の人々とコミュニケーションが可能です。

SNSはオンライン上のサービスになりますので、スマホにもとらわれておりません。ゆえに、インターネットに接続&ウェブ閲覧ができるのであれば、PCでもテレビでもゲーム機でも利用可能。

ドコモ、au、ソフトバンクといったキャリアとか格安SIMとか、そうゆう枠にもとらわれていません。

SNSはサービスにより特徴が全く異なるので、twitterのように文字数制限が140文字と少ないものもあれば、FaceBookのように60,000文字と多いSNSもあります。

画像などの添付ファイルをアップすることも可能。料金も無料です。パケット通信料のみ。

文字や画像を扱う点においては同じようなサービスではありますが、SMSとMMSとは別物と考えた方がいいでしょう。

SMSとMMSは特定の誰かと連絡を取り合うことに向いているサービス。SNSは不特定多数の人と、自分の気持ちや画像を共有(シェア)するのに向いたサービスになります。