テザリングとは!?いつでもどこでもPC/ゲーム機でインターネット

テザリングとは!?

 NTTドコモ・au・ソフトバンクなどの基地局を介してインターネットへの接続を可能とさせているSIMカードの入ったスマホ。

一方SIMカードの入っていないパソコンやタブレット、ゲーム機の場合、Wi-Fiルーターや有線LANがない限り、インターネットに接続することはできません。

しかしスマホは便利なので、スマホをWi-Fiルーターのようにアクセスポイント(親機)として活用することができちゃいます。

スマホがWi-Fiルーターの役割を果たすということは、SIMカードの入っていないパソコンやタブレット、ゲーム機であっても、スマホと同じようにいつでもどこでもインターネット接続ができてしまうということです。

このように、スマホにWi-Fiルーターの役割を持たせることで、SIMカードの入っていないパソコンやタブレット、ゲーム機などをインターネットに接続できるようにしてしまうことをテザリングと言います。

テザリングのメリット

 テザリングのメリットはすでにご紹介した通り、いつでもどこでも、スマホ以外のインターネット機器(子機)をスマホのようにインターネット接続可能にさせるところです。

通常、SIMカードの入っていない・NTTドコモや格安SIMなどの(仮装)移動体通信事業者との契約のないインターネット機器(子機)をインターネットに接続しようと思ったら、自宅か公衆無線LANを利用できる場所でしかインターネット接続できません。

もちろん自宅では光回線などの固定回線を契約している必要があります。LANケーブルをパソコンなどのインターネット機器(子機)に接続するか、Wi-Fiルーターを介してインターネットに接続します。

公衆無線LANはカフェやホテルなどで利用可能です。無料のものと有料のものとあります。

どちらにしろ、自宅 or カフェ・ホテルと言ったように、決まった場所でしかインターネット接続できないのです。

しかしテザリングを使ってインターネットに接続するのであれば話は別。スマホにはSIMカードが入っており、基地局を介していつでもどこでもインターネット接続できるからです。

このスマホのいつでもどこでもインターネット接続可能な便利な機能を借りて、パソコンなどのインターネット機器(子機)でもいつでもどこでもインターネットに接続させてしまうのです。

実は3種類あるテザリング

Wi-Fiテザリング

 ただテザリングという言葉が使われる場合Wi-Fiテザリングを指しています。最も一般的なテザリング方法です。

  • Bluetoothテザリングより通信速度が速い
  • ケーブルが不要
  • 同時に複数台インターネット機器(子機)を接続できる
  • バッテリーの消耗が激しい
  • セキュリティ強化のためにはパスワード設定が必要

Bluetoothテザリング

 ほとんどの方はWi-Fiテザリングしており、Bluetoothテザリングはしていません。バッテリーの消耗についてのみWi-Fiテザリングに勝ります。

  • 通信速度が最も遅い
  • ケーブルが不要
  • 同時に複数台インターネット機器(子機)を接続できる
  • バッテリーの消耗が少ない
  • セキュリティに不安が残る

USBテザリング

 接続端末が一つなのであれば最もオススメしたいテザリング方法。通信速度、バッテリー消耗、セキュリティにおいて、3種の中で最も高い。

  • 通信速度が最も速い
  • ケーブルが必要
  • 同時に複数台インターネット機器(子機)を接続できない
  • 充電しながらテザリング可能
  • パスワードの設定不要でセキュリティ面で強い

テザリングの注意

使いすぎて契約するデータ通信量を超え内容に注意
契約するデータ通信量を越えて使ってしまうと、追加料金を支払わない限り通信速度が低下してしまいます。
バッテリーの消耗に注意
テザリング中バッテリーを消耗してしまいますので、スマホ本体を使いたい時に使えなくなってしまう恐れがあります。
auのVoLTE非対応端末の場合通話中、テザリングが切れることに注意
au VoLTE非対応の機種は、音声発着信が優先されるため音声利用中はテザリングによるデータ通信が切断されることに注意。
au VoLTE非対応の機種意外であればデータ通信が切断されることはありませんが、よりバッテリーの消耗、通信速度の低下・不安定化につながることに注意。

テザリングの申し込みと月額料金

NTTドコモと格安SIMは申し込み不要 月額無料

 NTTドコモと格安SIMの場合、申し込み不要で、月額料金無料でテザリングの利用ができます。

auとソフトバンクは申し込み必要 月額500円(税抜)かかるプランもある

 auとソフトバンクの場合、テザリングを使うと思ったら、My au、My SoftBankからまずはテザリングへの申し込みが必要です。

契約するプランによっては月額料金無料でテザリングを利用できますが、契約中のプランが対象外である場合には月額500円(税抜)追加料金が発生します。

通信キャリア・格安SIMーお役立ち情報ーの最新記事8件